写真を撮るだけではなく現像し残す

一昔前までは特別なときに写真を撮り、フィルムを現像し紙に印刷した写真を残すことが一般的でした。またアルバムに貼り写真を残していましたが、今も昔も写真を眺めながらその時々の思い出や子供の成長を語りあったり感じることは変わりありません。フィルムからデジタル、スマートフォンへと撮影機械や方法は変化し続け、手軽に写真を撮ることが出来るようになりましたがそのぶん、撮りためた映像をきちんと形に残すことは少なくなりました。またデータを消去してしまったりなくしてしまうなどトラブルも多く、改めて紙に印刷して写真を保存するという方法が見直されているのです。自宅でプリンターなどを利用したり、店にある機械を用いて現像するなどその方法は多岐に渡ります。

日常生活を潤すフォトフレーム

写真を現像してアルバムに貼りそのまま保存する方法もありますが、アルバム自体をしまってしまい放置することが多いです。写真をしまうのではなくずっと見られる状態でしっかり残す、という方法の一つにフォトフレームをあげることができます。様々なフォトフレームの中から思い出の一コマとマッチするものを選びそれを飾る、日々の生活の中で常に目にすることによりそのときの景色や心情がよみがえり心を穏やかにすることもあるのです。またフォトフレームはインテリアの一つでもあり写真にマッチしたものを選ぶ楽しさもあります。このようにフォトフレームを活用して大切な写真を生活の一部に取り入れることは、保存方法としても優れているのです。